@nikikai_opera

【二期会blog】9月公演プッチーニ〈三部作〉:キャストから登場人物紹介『外套』編~20世紀初頭パリに生きた貧しくもバイタリティ溢れる人々 nikikai21.net/blog/2018/08/1… 『外套』の登場人物とその見どころを出演キャスト自らがご紹介いたします。(Web担)

@nikikai_opera

【二期会blog】9月公演プッチーニ〈三部作〉:キャストから登場人物紹介『外套』編~20世紀初頭パリに生きた貧しくもバイタリティ溢れる人々 nikikai21.net/blog/2018/08/1… 『外套』の登場人物とその見どころを出演キャスト自らがご紹介いたします。(Web担)

エルガー交響曲2番 ボールト&ロンドンフィル by Lp


エルガー交響曲2番
サー・エードリアン・ボールト
ロンドンフィルハーモニックオーケストラ
英EM I ASD3266 1975年

英国のボールト卿(1989-1983)
名盤好きクラオタなら周知かもしれない
ボールト卿は敬意をもって接している
ドイツオーストリア音楽の素晴らしく、特にブラームスのシンフォニーでの名盤は、ドイツ人以上にドイツ的?というか渋みがあり味わい深さ比類ないと勝手に感じ愛聴している

そんなボールト卿、英国人だけに自国の音楽の伝道師であったのは周知の通り
例えばホルスト惑星はボールト卿による初演ということは周知の通り
20世紀中期までの巨匠は、現代に比べ過去の作品の紹介だけでなく同時代音楽を紹介してきているように勝手に見受けられる
例えばトスカニーニはワーグナーがまだ存命時代の人、過去の作品も演奏してきたが、同時代の作品を沢山紹介してきた
例えばチャイコフスキー、ドビュッシーは同時代作品
その辺り現代の指揮者と在り方が違うのかもしれない!?
今回、エルガーラブであるならは、この曲の規範演奏とされ先ず聴いておかなければならないとされる
ボールト卿のエルガー交響曲2番を聴いた


1911年エルガー指揮による初演は失敗に終わる
それから10年後の1920年のボールト卿の再演が大成功となり、英国圏で評価が確立
素晴らしい音楽の連続だった
君に任せておけば、私の将来の評価も安泰だ」
とエルガー夫妻の言葉を貰っている

レコードはオリジナルかわからないが、英盤
昨今レコードリバイバルは来て最初から厚みのある盤での販売だが、レコード時代末期で、レコードはペラペラと言わないまでも薄い
アタクシの感覚からすると聴きこまれており、少し音の状態悪しの盤と勝手に感じる 笑

1975年、ボールト卿80歳代の録音
ボールト卿の芸風は聴かなくてもどんな芸風か感覚的に分かっており、かなり素晴らしいのだろうなと期待は高まる
テンポは遅めに設定されている
nobilmente
大英帝国、気高く品がある、深みは比類のない
過去最高の深みかも
つい泣きそうになりました 笑
4楽章の巨匠によるドラマティックな追い込みも豪快
聴いてよかった 笑
ボールト卿は改めてリスペクト

ボールト卿は若い頃の録音とライブ盤も見受けられる
若い頃は激しい芸風であったという記述も何かで見ている
自作自演よりテンポは遅めであったが、晩年のスタイルかもしれない!?
いづれ聴いてみたいと思う

エルガー交響曲2番 ボールト&ロンドンフィル by Lp


エルガー交響曲2番
サー・エードリアン・ボールト
ロンドンフィルハーモニックオーケストラ
英EM I ASD3266 1975年

英国のボールト卿(1989-1983)
名盤好きクラオタなら周知かもしれない
ボールト卿は敬意をもって接している
ドイツオーストリア音楽の素晴らしく、特にブラームスのシンフォニーでの名盤は、ドイツ人以上にドイツ的?というか渋みがあり味わい深さ比類ないと勝手に感じ愛聴している

そんなボールト卿、英国人だけに自国の音楽の伝道師であったのは周知の通り
20世紀中期までの巨匠は、現代に比べ過去の作品の紹介だけでなく同時代音楽を紹介してきているように勝手に見受けられる
例えばトスカニーニはワーグナーがまだ存命時代の人、過去の作品も演奏してきたが、同時代の作品を沢山紹介してきた
例えばチャイコフスキー、ドビュッシーは同時代作品
その辺り現代の指揮者と在り方が違うのかもしれない!?
今回、エルガーラブであるならは、この曲の規範演奏とされ先ず聴いておかなければならないとされる
ボールト卿のエルガー交響曲2番を聴いた


1911年エルガー指揮による初演は失敗に終わる
それから10年後の1920年のボールト卿の再演が大成功となり、英国圏で評価が確立
素晴らしい音楽の連続だった
君に任せておけば、私の将来の評価も安泰だ」
とエルガー夫妻の言葉を貰っている

レコードはオリジナルかわからないが、英盤
昨今レコードリバイバルは来ているが、レコード時代末期で、レコードはペラペラと言わないまでも薄い
アタクシの感覚からすると聴きこまれており、少し音の状態悪しの盤と勝手に感じる 笑

1975年、ボールト卿80歳代の録音
ボールト卿の芸風は聴かなくてもどんな芸風か感覚的に分かっており、かなり素晴らしいのだろうなと期待は高まる
テンポは遅めに設定されている
nobilmente
大英帝国、気高く品がある、深みは比類のない
過去最高の深みかも
泣きそうになりそうであった 笑
4楽章の巨匠によるドラマティックな追い込みも豪快
聴いてよかった 笑
ボールト卿は改めてリスペクト

ボールト卿は若い頃の録音とライブ盤も見受けられる
若い頃は激しい芸風であったという記述も何かで見ている
ボールト卿自作自演よりテンポは遅めであったが、晩年のスタイルかもしれない!?
いづれ聴いてみたいと思う

@nikikai_opera

RT @JOF_opera: 東京二期会オペラ劇場:プッチーニ「三部作(外套/修道女アンジェリカ/ジャンニ・スキッキ)」の稽古が始まっております🎶今年から藤原歌劇団、東京二期会、新国立劇場との共催公演が実現‼️この歴史的公演をどうぞお見逃しなく✨ 稽古の様子のブログはこちらから…

@nikikai_opera

RT @dachon55: 8/16(木)プッチーニ〈三部作〉プレ講座&ミニ・ライブ。 高田と新垣有希子に加え、テノール:菅野敦も出演決定!会場は「すみだパークギャラリーささや」 gallery-sasaya.com 。 入場無料ですが残席わずかです!(要事前予約)お…

@nikikai_opera

開催迫る!8/16(木)プッチーニ〈三部作〉プレ講座&ミニ・ライブ。 ソプラノ:新垣有希子、テノール:高田正人に加え、テノール:菅野敦も出演決定!会場は「すみだパークギャラリーささや」… twitter.com/i/web/status/1…

エルガー交響曲1.2番:自作自演


エルガー交響曲1番 1930年11月20-22日
エルガー交響曲2番 1927年4月1日
ロンドン交響楽団
エドワード・エルガー指揮

英国のスペシャリスト尾高忠明氏のお陰でエルガー愛に目覚めたアタクシ 笑
最近では尾高忠明&N響のライブ音源を繰り返し聴き、1番より2番が好きになっている 笑

エルガーラブであるならば、沢山の自作自演音源が遺されているので、遡らなければファンとは言えないかもしれない!?笑

このアタクシがゲットしているEM I音源は、11枚組CDの日本盤
解説も素晴らしくエルガー晩年の自作自演を集めたもの
交響曲は好きで、かなり聴き込み満を持してのマイ自作自演鑑賞となる 笑

現代では英国を代表するエルガー(1857-1937)
マーラー(1860-1911)、トスカニーニ(1857-1957)と同世代
エルガーは楽器商の息子として生まれ
独学で音楽を学んだ
妻となる女性エリスと出会い
作曲家として成功するため二人は苦労を重ねる
生活は妻が支えたようなものだ
1904年47歳にはナイトの称号を得て、英国とドイツ圏で名声を確立する
しかしながら、生活のため国威高揚な作品を書くことと、自分が書きたい作品とのジレンマでいつも悩んでおり、自分を隠すショスタコのような側面もあると勝手に感じた
またその悩みで、自殺を仄めかしたこともあるようなのだ
また、本人は威風堂々などの「マーチのエルガー」というイメージがつくのに不快感を感じていたようだ
1914年第一次大戦後が起こりドイツとイギリスは敵国となり、ドイツ圏での名声を失う
1920年妻アリスが亡くなり創作意欲がなくなる
これ以後亡くなる最後の歳の未完となる交響曲3番まで、創作ゼロとなり演奏活動に没頭
自作自演録音は、この晩年の演奏家時代の録音となる

交響曲1番、交響曲2番の自作自演盤は演奏家にとってバイブルのようなのだ
交響曲2番の解説コラムによると
エルガーは、楽譜通り演奏していない部分があり、エルガー自作自演盤の解釈に基づく解釈を原点主義というようで、楽譜至上主義とは異なるようなのだ
ちなみにエルガーの交響曲で名盤を遺しているショルティは楽譜至上主義な人だけど、自作自演盤を聴き原点主義に基づく解釈をしているとある
また1920年代はポルタメント奏法が主流で現代とは慣習が違う
演奏家が楽譜通り演奏しなくてはというのは20世紀初頭くらいからという背景も周知の事かもしれない!?
またエルガーから解釈直伝であり、演奏の正当後継者かつ普及者のボールト卿とその弟子ハンフリー盤はまず聴かなければならないとされる
原点主義かつテンポも継承しているとのこと

さてさて聴いてみて、テンポも早めで動的でドラマティック、またポルタメント奏法を多用し、現代とは異なる
色々な演奏が聴ける現代のアタクシからすると聴きやすく古臭くも感じない
古さを感じるとしたら録音かもしれないが、ヒストリカルファンなアタクシなら、この時代ならこんな録音だからという感覚があるから気にはならない!?笑
ちなみにロンドン交響楽団は1904年創設で、この録音の頃はまだ新設オケ
エルガーは1911/1912年首席指揮者だったそうな
アタクシは、バルビローリ卿の音源は好きだけど、動的でドラマティカルであった
継承しているのかな!?笑
しかしながらベートーヴェン、ブラームスとは違い満を持した自作自演録音が遺ってるというのは解釈の点で文句はつけようがないよね!?
これこそオリジナル 笑
録音だけども本物だ!?笑
なんてね 笑

ブルックナー研究:レオポルト・ノヴァーク



ブルックナー研究
レオポルト・ノヴァーク
音楽之友社2018年

熱い、
違った 笑
暑い 笑
あんましクラシック音楽聴く気になりませんなー 笑

ウィーン生まれのレオポルト・ノヴァーク(1904-1991)
の本が出ていたので、好奇心がから手にとってしまった 笑
無論、内容については読んでのお楽しみという事で、ここでは書きません 笑
ざっくり読みましたが、専門的でもあり、マニアックな側面もありそんな感じだ 笑
しかしながら、ブルックナー信者であるならば、マストでありザッと目を通すべきものかなと、勝手に感じた
アタクシは信者と言うより、マーラーよりは、ブルックナーラブな人
そんな程度だ 笑

生前、ブルックナーは大きな評価を得る事なく亡くなっている
既に周知の事かもで、弟子による楽譜の手入れややたら自分での改訂が多いブルックナー
それは他人の意見を受け入れがちなブルックナー自身の心の弱さでもあり?、普及させるためでもあり、演奏家が楽譜に手を入れるのが当たり前の時代でもあり、現代とは慣習が違うのは周知の事項
そんな楽譜に色々あるので、後世の戦前戦中のローベルト・ハース(1886-1960)、戦後ノヴァークといった研究者による研究整理!?は大変で、後世の我々がブルックナーを聴いているのは、彼らの研究のおかげでもあるかもしれない!?
ノヴァークは、ウィーンのオーストリア国立図書館音楽部長のハースの補佐をしていた
ハースは戦前から戦中、「ブルックナー全集」をまとめており
ブルックナーの自筆譜が殆どこの図書館にあり、ブルックナー作品の出版の責任はこの図書館にあり責任は重大
ノヴァークは、戦後ハースの研究を引き継ぐ形で、「ブルックナー全集」の編集主幹となり、それは亡くなる1991年まで行っていたそうなのだ

アタクシの感想は、エンタメな本ではないから、ぶっちゃけ面白くなかったかも!?笑
でもブルックナーラブなら目を通すべしかな!?笑
なんじゃそりゃ 笑

@nikikai_opera

11月公演『後宮からの逃走』も稽古進行中!本日は小森輝彦による原語指導が行われました。10月開始の立ち稽古に向けてドイツ語を磨き上げていきます。 https://t.co/zGWBeEynQ2

@nikikai_opera

RT @opera_institute: 9/13(木)18:30「二期会オペラ研修所第61期修了生・成績優秀者による《二期会新進声楽家の夕べ》」(東京文化会館 小ホール) 今春、第61期マスタークラスを修了した20名が、二期会所属歌手としてデビューを飾るコンサートです。 次代…

@nikikai_opera

RT @opera_institute: 9/13(木)18:30「二期会オペラ研修所第61期修了生・成績優秀者による《二期会新進声楽家の夕べ》」(東京文化会館 小ホール) 今春、第61期マスタークラスを修了した20名が、二期会所属歌手としてデビューを飾るコンサートです。 次代…

@opera_institute

9/13(木)18:30「二期会オペラ研修所第61期修了生・成績優秀者による《二期会新進声楽家の夕べ》」(東京文化会館 小ホール) 今春、第61期マスタークラスを修了した20名が、二期会所属歌手としてデビューを飾るコンサートです。… twitter.com/i/web/status/1…

@opera_institute

9/13(木)18:30「二期会オペラ研修所第61期修了生・成績優秀者による《二期会新進声楽家の夕べ》」(東京文化会館 小ホール) 今春、第61期マスタークラスを修了した20名が、二期会所属歌手としてデビューを飾るコンサートです。… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

【放送のお知らせ】東京二期会7月公演ウェーバー『魔弾の射手』が、9/21(金)14時〜18時のNHK-FM「オペラファンタスティカ」で放送されます。どうそお楽しみに! www4.nhk.or.jp/opera-f/x/2018… (Web担)

@nikikai_opera

【放送のお知らせ】東京二期会7月公演ウェーバー『魔弾の射手』が、9/21(金)14時〜18時のNHK-FM「オペラファンタスティカ」で放送されます。どうそお楽しみに! www4.nhk.or.jp/opera-f/x/2018… (Web担)

@nikikai_opera

二期会「三部作」公演初日の9月6日(水)まであと30日です。本日は『外套』立ち稽古が行われました。「三部作」初演からちょうど100年となる今年、メモリアルなこの演目をどうぞお見逃しなく!… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

RT @opera_institute: 今日は、研修所の公開授業を開催しています。 毎年冬に授業見学を行っていますが、実際に授業を体験していただくのは、今回が初です! 会場も、演技に使用する道具類も、普段の授業と同じです。 定員を大きく上回るご応募をいただき、雨の中たくさんの…

@nikikai_opera

【オペラを楽しむ】9月公演プッチーニ〈三部作〉 「ダミアーノ・ミキエレット(演出)から日本のファンに贈るメッセージ」(聞き手・翻訳:朝岡久美子) nikikai.net/enjoy/vol314_0… (Web担) https://t.co/UZ3UxQxd18

@nikikai_opera

【主催コンサート】《チケット発売中》 「二期会サマーコンサート2018」@渋谷区文化総合センター大和田さくらホール 第1夜8/23(木)18:30「イタ・オペ三昧 パートII」 第2夜8/24(金)18:30「重厚華麗な独仏オペラ… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

おはようございます。東京は久しぶりに雨の朝となりました☂`(´ω`u) そんな中、二期会会館では将来プロのオペラ歌手を目指し二期会オペラ研修所(@opera_institute )の入所を検討されている方のための公開授業が始まりま… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

8/16(木)開催の「9月プッチーニ〈三部作〉プレ講座&ミニ・ライブ」。会場のすみだパークギャラリーささや隣、オーガニック素材のフードやドリンクをお召し上がり頂けるSASAYA CAFEさん(@sasayacafe)では当日は18… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

今夜のアルテリーベ東京「フレッシュコンサート」は、二期会NewFaceのソプラノ小藤恵理子とソプラノ志賀早紀子が出演。リハーサルも終え、このあと19時より開演です。お蔭様で今夜はご予約のお客様で《満員御礼》とのこと。二人のインタビ… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

今夜のアルテリーベ東京「フレッシュコンサート」は、二期会NewFaceのソプラノ小藤恵理子とソプラノ志賀早紀子が出演。リハーサルも終え、このあと19時より開演です。お蔭様で今夜はご予約のお客様で《満員御礼》とのこと。二人のインタビ… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

【二期会blog】9月公演プッチーニ〈三部作〉立ち稽古始まる!初の三団体合同の合唱もリハーサル開始 nikikai21.net/blog/2018/08/0… 連日続く猛暑の中、8月に入りキャスト陣の立ち稽古と合唱の稽古がスタートしました。その様子を少しだけご紹介します。(Web担)

@nikikai_opera

【二期会blog】9月公演プッチーニ〈三部作〉立ち稽古始まる!初の三団体合同の合唱もリハーサル開始 nikikai21.net/blog/2018/08/0… 連日続く猛暑の中、8月に入りキャスト陣の立ち稽古と合唱の稽古がスタートしました。その様子を少しだけご紹介します。(Web担)

@nikikai_opera

…気分だけでも涼しくなるように、写真を貼っておきますね❄❄❄(Web担) https://t.co/yfptpvwD1G

@nikikai_opera

…気分だけでも涼しくなるように、写真を貼っておきますね❄❄❄(Web担) https://t.co/yfptpvwD1G

@nikikai_opera

今日も東京はしっかり晴れて猛暑予想。本当に参ってしまいますねぇ💦💦💦(Web担) https://t.co/p3bNcVOas6

@nikikai_opera

今日も東京はしっかり晴れて猛暑予想。本当に参ってしまいますねぇ💦💦💦(Web担) https://t.co/p3bNcVOas6

@nikikai_opera

二期会9月公演「三部作」はソリストの立ち稽古と並行して、本日も合唱稽古が行われています。現在は『修道女アンジェリカ』の稽古中。 https://t.co/t6P78BwySj

@nikikai_opera

二期会9月公演「三部作」はソリストの立ち稽古と並行して、本日も合唱稽古が行われています。現在は『修道女アンジェリカ』の稽古中。 https://t.co/t6P78BwySj

@nikikai_opera

RT @sasayacafe: 8/16(木)19時より、カフェとなりのギャラリーにて東京二期会プッチーニ〈三部作〉プレ講座&ミニ・ライブがあります。 入場はなんと!無料!ですが、チケット申込が必要です。03-3796-1831まで。 出演:高田正人、新垣有希子、三澤志保 #東…

@nikikai_opera

RT @akkotomy: オペラ講座無事に終演いたしました。 青島先生のお話がとても勉強になりました。そしてなんといっても面白い!お客様は何度も爆笑の渦に包まれ、私も舞台袖で吹き出しながら聞いておりました。 ご来場くださいましたお客様ありがとうございました。 11月の本公演も…

@nikikai_opera

グリムゲルデに金子美香が出演!バイロイト音楽祭2018プラシド・ドミンゴ指揮「ワルキューレ」がラジオでライブ放送されるそうです。日本時間今夜23時ごろから。(Web担) twitter.com/PlacidoDomingo…

@nikikai_opera

昨夜のNHK「ラジオ深夜便“ミッドナイトオペラ”」はお聴き頂けましたか?解説をつとめたテノール高田正人、今度8/16(木)には錦糸町のすみだパークギャラリーSASAYAで語り歌う、9月公演プッチーニ〈三部作〉のプレイベントに登場し… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

只今、リハーサル中!本日19時「二期会オペラ講座"後宮からの逃走~オペラの東洋趣味”」@日暮里サニーホール お話とピアノ青島広志、ソプラノ冨平安希子(11月東京二期会『後宮』ブロンデ役)、テノール山本耕平(同ベルモンテ役)です。… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

今夜19時より!当日券ございます。日暮里サニーホールでお待ちしております!(Web担)>> 青島広志が語る『後宮からの逃走』の魅力とは?~二期会オペラ講座をチェック!!~ youtu.be/dd_mB_0YwrU

@nikikai_opera

今夜19時より!当日券ございます。日暮里サニーホールでお待ちしております!(Web担)>> 青島広志が語る『後宮からの逃走』の魅力とは?~二期会オペラ講座をチェック!!~ youtu.be/dd_mB_0YwrU

@nikikai_opera

明日7/31(火)は19時より日暮里サニーホールで「二期会オペラ講座」。“後宮からの逃走~オペラの東洋趣味”と題し作曲家青島広志がモーツァルト中期の傑作オペラを中心に取り上げてお話します。11月本公演キャストの冨平安希子と山本耕平… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

明日7/31(火)は19時より日暮里サニーホールで「二期会オペラ講座」。“後宮からの逃走~オペラの東洋趣味”と題し作曲家青島広志がモーツァルト中期の傑作オペラを中心に取り上げてお話します。11月本公演キャストの冨平安希子と山本耕平… twitter.com/i/web/status/1…

@nikikai_opera

9月プッチーニ〈三部作〉に出演するテノール高田正人。今夜生放送のNHKラジオ深夜便の人気コーナー“ミッドナイトオペラ”で今回も解説をつとめます。その高田、8/16(木)すみだパークギャラリーSASAYAで開催の〈三部作〉プレイベン… twitter.com/i/web/status/1…